UTSUMIの技巧(着鋼火造り)UTSUMIの技巧(着鋼火造り)

着鋼火造り切れるハサミ

着鋼火造り

「着鋼火造り」とは、 平安時代に日本刀の鍛造方法が確立された時代以来の日本独特の製造方法です。 世界中の刃物のほとんどは鋼で造られていますが、 日本の刃物は本体に柔らかい鉄(極軟鋼)を使い、 刃の部分にだけ硬い鋼をはりつけると言う工夫を用いて造られています。 この工夫を「着鋼」と言います。 日本の刃物の本流である着鋼刃物は、鋭い切れ味と折れにくい性質を兼ね備え、 さらに使い心地の良さもあるという特徴をもっています。 鋼はその性質からいうと、柔らかければ良く切れますが持続力がなく、 逆に硬ければ切れ味はやや落ちるものの持続力があるといった矛盾があります。 従って理美容鋏として最も適した性質の鋼を、 「焼なまし」、「焼き入れ」、「焼きもどし」などの工程を経て、 良く切れて、しかも切れ味の持続する刃に仕上げていきます。 UTSUMIは、この日本独自の伝統である 「着鋼火造り」の技術が時の流れとともに消えることのないよう、 毎年、大阪工場にて"伝承の儀"を執り行っています。 日々その伝統を大切に受け継ぎながら、 現在も伝統技を身につけた熟練の職人が ひとつひとつ丁寧に仕上げた手造りシザーズを作り継いでいます。

着鋼火造り鋏製造工程

シザーの革命 -理美容用ハサミ スライドコントロール-facebookfacebook