UTSUMIの技巧(切れるハサミ)UTSUMIの技巧(切れるハサミ)

着鋼火造り切れるハサミ

切れるハサミ

ハサミ職人としてUTSUMIが最もこだわっているのが、「切る」ということ。 それも、プロが納得する切れ味であるということ。「切れるハサミ」のポイントをご紹介します。

ウラスキ

ブレードの内側に、根元から刃先まで窪みをつけます。これを「ウラスキ」と言って、日本製の良質なハサミではほとんどこの仕事がなされています。これには技術と長年の経験が必要なため、ウラスキの精度は職人の腕にかかっています。

ウラスキは、ハサミの良し悪しが決まる重要なポイントです。
ウラスキがしっかりしていることで、刃元から刃先まで均一に切る力が伝わり、刃先でも髪の毛を逃がさずに切ることができます。つまり、ウラスキによって切る力が一定になり、高い切断力をもたらすのです。

良く切れるという効果の他にも、開閉がスムーズになったり、研いで切れ味が復活しやすくなったりと、総合的に使いやすいハサミづくりには欠かせないウラスキ。長く大事に使っていただけるハサミにするための職人の仕事なのです。

触点

ハサミは、2枚の刃物が触れ合うことで切ることができます。その2枚の刃が触れ合う部分が「触点」です。

例えば、ハサミで髪を切断しようとする時、切断されようとしている髪が2枚の刃と刃の間に入り込み、その刃と刃を押し広げようとする力(反発)が発生します。その「押し広げられよう」とする力を抑え支える部分が触点であり、その触点面の造りが粗ければ安定的な切れは実現されません。

どんなに切れる刃に仕上げても、このその触点が不安定であれば刃の切るという力は発揮されません。手の動きによってもたらされる切るための力も、しっかりと刃に伝えることができません。そういった意味で、触点がハサミの切れ味を左右するとされ、カットシザーの切れ味の生命線とも言えます。

UTSUMI SPIRIT

UTSUMIは、メーカーとして「切る」ことを科学し、進化させていくことを ハサミづくりの根幹として掲げています。 だから、UTSUMIのハサミは「切る」という機能を絶対外しません。

一度既製品を提供して終わりではなく、 お客様の好みに合わせて形や切れ味を調整することにも対応しています。 職人としての自負とメーカーとしての対応力、ユーザー様の声への傾聴力がUTSUMIの誇りです。 それゆえに、他社よりも細かいところまで対応することができ、 また、微調整だけでなく注文を受けてカスタムすることも可能です。 使う方にとって使いやすいハサミ、切れ味を心地よく感じられるハサミをお届けするために、 あらゆる工夫を取り入れています。

シザーの革命 -理美容用ハサミ スライドコントロール-facebookfacebook