“スライド率”でデザインを作りやすく。“スライド率”で道具を選びやすく。

Story of Slide Control スライドコントロール物語

2013年9月に発売。発売に際しスライド率20%と80%の2種類を1ヶ月間サロンで実際に使い分けて頂くモニター体験も実施し、大変判りやすかったという声もたくさん頂いております。 この『スライド率』はスライドコントロールにのみ適用される数字ではなく、UTSUMIのすべてのシザーにスライド率はあります。もっと言えば、どのシザーメーカーさんのシザーにも『スライド率』はあり、美容師の皆さんが今お使いのシザーすべてにスライド率は存在するというのがUTSUMIの考え方です。
今お使いのシザーを基準にもう少しスライドするモノ、しないモノ。
「カット率」のように、“6インチで『スライド率〇〇%』のシザーがほしいんですけど…”と、当たり前に言って頂けるように問屋様、ディーラー様にもご協力頂きながら『スライド率』という言葉と考え方を広げていきたいと思います。

歴史

〜初めての「カット率」という言葉と考え方の提案〜
当時のセニングには長さと目数の表示しかなく、同じ目数でもメーカーによって切れる量が違う事が多々ありました。これを判りやすく提案したのが「カット率」でした。発売当時は1万丁を超えるセールスを記録した大ヒット商品となり、現在では美容業界全体に「カット率」という言葉が当たり前に使われるようになりました。

考え方

『スライド率』=刃から髪が逃げる割合
シザーを製造する立場からするとスライド率を決める要素は色々とありますが、大きく分けると刃線のアールと刃付けの角度で決まると言えます。これを元にして美容師様の感覚(フィーリング)に近い形で表したのが『スライド率』です。

なぜ

昨今、スタイルの変化とともにカットテクニックも多様化し、美容師の皆さんにとってどれが自分のテクニックにあったシザーなのかが判りにくくなってきました。例えば…あまり髪を逃がさないオカッパ鋏のようなシザーがほしいのにシザーが逃げすぎたり、スライドカットに使いたいのに髪が引っかかったり…、 また、研ぎでも「全体的に切れないように研いで下さい」というような頭の中が“?”になるような声も聞きます。
それは美容師さんが作りたいヘアーデザインと使う道具との間に大きな差が生まれ、ストレスを感じておられるからだと思います。私たちは「カット率」のように、『スライド率』でヘアーデザインを作りやすく。更に『スライド率』で道具を選びやすく。この2点を基準に提案したいと思います。

目的に合わせたツール選び、さらに“なじみ”のある仕上がりに。

ベースカット向き ドライカット向き スライド率 ウェットベース オールラウンド ドライ・仕上げ

  • ブラントカット・チョップカット等、主に【ベースカット】に使用。
  • オールラウンドシザーとして、ブラントカット・チョップカット・スライド・ストロークなど様々な施術で使用。
  • スライドカット・ストロークカット等、 主に【ドライカット】で使用。

スライド率20%

刃線が直線的な“スライド率”20%のものは刃がほぼ滑らないので、主にウェットカット(ベースカット)でブラントに切るときに最適。

  • スライド率20%
  • スライド率20%

スライド率80%

刃線が曲線的な“スライド率”80%のものは刃がうまく滑ってくれるので、主にドライカットでスライドさせて切るときに最適。

  • スライド率80%
  • スライド率80%

スライド率20%

ベースを短時間で作るなら、スライド率の低いシザーがおすすめです。髪の毛が逃げにくく、ヘアスタイルの土台を思い通りに描くことができます。

スライド率60%

SLIDE CONTROLのニューフェイス『スラコン3号』。3Dハンドルが、手に優しくサポートし“スライド率60%”と逃げが程よいオールラウンド向きのカットです。

スライド率80%

ナチュラルな質感を作るには、スライド率の高いシザーがおすすめです。カット時の髪へのダメージを軽減し、繊細で表情のある仕上がりになります。

モニターに応募する

シザーの革命 -理美容用ハサミ スライドコントロール-facebookfacebook